読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【本を読まないやつとは…】

本を読まないやつとは話が合わない。


もう一度言う。


「本を読まないやつとは話が合わない。」

話すレベルが全く違う。

これは明らか。



この文章を読んで、

鼻息荒げてクレームを言う人がいるから、

補足を入れたく。




「本」以外から学び、常にインプットしている人を除く。




何が言いたいかというと、

「常にインプットをしている」ことが

重要なんだ。


私は、基本的にインプットは「本」から得ている。


インプットの形は多種多様だ。



「セミナー」

「人会う」

「旅行」

など様々な経験からインプットすることができる。


インプットをしてないと、

基本的に話しネタが乏しい。


噂話、悪口に花を咲かせてしまう、花咲じいさん。

周りにいないだろうか。

もしかして、あなたが花を咲かせてはいないだろうか。



常にインプットをしている人の話題の引き出しの多さは絶句する。


また、インプットしている人は、話を聞くのが上手い。

裏を返せば、インプットしているから、きちんと相手の話を聞くことができるとも言える。

大量のインプットをすることで、

カメレオンのように、自由に変化することができる。


話題に困るなら、あなたは間違いなく

インプット不足だ。



反省はそこそこにして、今すぐ本を開くべきだ。


私自身、

開いたページに


何度救われたことか。







【あなたの人生を変えるかも】

2017/5/22

【あなたの人生を変えるかも】


私はブログを気まぐれで書いている。


と言っても、インスタで書いてある内容をコピペしているだけに等しい。


インスタで書いた内容は、あとで読み返すとき手数を要する。

ブログに貼っておけば、検索で自分が知りたい言葉を打ち込めば、ヒットする。


ブログの数は、私の資産そのものだと思う。


本日9人しか見てない。

9人「しか」?


9人「も」だな。

ブログは

トータルで98記事を載せている。


見てくれた人は、2000人。

いや実際にはもっと少ないであろう。


ざっと500人といったところか。


私の文章で

あなたに素敵な影響を与えてるかもされない。

あなたの人生をより良いものにしてるかもしれない。


これだけは言わせて頂こう。



「私と繋がった人に

損はさせない」


楽しみにしてて、

気づいたらあなたも、

成長スピードを加速してる。

【あなたの今日〜してましたよとか、ほんとどうでもいい。】

2017/5/21

【あなたの今日〜してましたよとか、ほんとどうでもいい。】


SNSを見ていると、投稿の種類が2種類ということに気づく。

•私はこんな日常を送ってます

•情報発信


前者が圧倒的に多い。

前者は自分の心が蝕んでる際に見るときは

注意が必要だ。

あなたが、今日どこで何をしていたかなんて

クソどうでもいい。

そんな自分幸せアピールして楽しいの?うざいわ。

と思われかねない。

ただし、芸能人、有名人、尊敬している人、好きな人等は除く。


嫉妬、妬みのタネになる可能性がある。

気をつける必要がある。


後者については、

記事を読んだ人に影響力をもたらす。


あなたの投稿が、誰かの人生を良い方向に

導いている可能性がある。


否、逆も然り。



私は、後者を続けていく。


727

佐々木圭一/まんがでわかる伝え方9割

#読書#読書垢 #読書好きな人と繋がりたい 

【誰かにとってのクソ平日は…】


【誰かにとってのクソ平日は、誰かにとってのかけがえのない日】


本日5/21は、私の誕生日。

当たり前に生きれていることに感謝。

家族、親戚、先生方、友人、仲間…知人…ただすれ違うだけの人。


あなたのおかげで、今の私がいます。

1人も欠かすことのできない存在ばかりです。


ありがとうございました。


私の大好きな人には、「生まれてきてくれてありがとう」とメッセージを頂きました。

こんな愛の溢れた文章見たことありません。


ビジネスについて語り合ってる方からのLINEを頂いた。


私の夢は、20代で作家になること。

馴れ合ってる時間はないと。


素敵な愛のある文章だなと感じた、知性溢れた薔薇の棘のような。


思わず、「この人には負けられないな」と感じて、火がついた。 


あなたが毎日、仕事、人間関係などで

嫌な思いをして落ち込んでいたとしても


そのクソ平日に、


誕生日を迎えて誰かに祝われ幸せを感じている人がいる。


誰かは、明日、会社行きたくないなと感じている。


誰かは、明日、誕生日でワクワクしている。


実に面白いね。

嫌な日は、誰かにとってかけがえのはない日。


私は、本と出会い生き甲斐を感じている。


出会わなかったら、このかけがえのない

自分の誕生日でさえ、誰かの愚痴を言って終わっていた。


私の投稿によって、 

「本読んでみようと思いました!」

「紹介された本読みましたら、更新楽しみです!」

「実はこんな悩みがあるんですが…」

とコメント、DMを頂く。


ありがとうございます。

あなたのコメントが、間接的にいつか私の人生に必ず役立ちます。


これからも宜しくお願い致します。


【ふと瞬間の…】

2017/5/17

【ふと瞬間の…】


ふと瞬間の…



私は、

人が考え事をするときに、右空、左空あたりを見ているところが好きだ。


私のインスタを見ている、

日常、他の人から見たら絶対気づかないことに


「気づける」人たちは、これにも、気づいているかもしれない。


「相手が、ふと考えてる瞬間を」。


見ていると、「今、考えてるんだなあ〜」と知れて、すごく愛おしい。


強面の上司も、ふと考え事している。


それ見て、ニヤける私。



数秒後に、「おい、古山!なんで笑ってんだ?」と言われる。


すぐさま、「◯◯さん、漫画みたいな考え事しますね!」


このあとどうなっただろうか。


その上司(代理)からお昼ご飯に誘われ、

「お前すげーな、怖いものなしかよ」と言われた。


お昼後、主任の人に

「お前、上司に対して、あれはないだろう?」

と叱られる。


でもね、


そんなんどーだっていい。


上司の考えてる姿が


シンプルに可愛かった。


それだけなんだ。


役職三個飛ばして、馴れ馴れしく話しかける

わたくし、古山です…。(笑)


PS

帰り後輩が

「古山さん、メンタル半端ないっすね?、やめたいとか思わないんですか?」

と。


異常なぐらい仕事に関して、上司に指摘されてるから。



私はこういった。

「言われるうちが花だよ。それに、最近、楽しいよ」



そのあとの、後輩の顔に浮かぶ


「??????」の文字。



それみて、可愛いいなと思ってしまった。


※登場人物に女性はいません。


私に、無償の愛という芽が


ぐんぐん生えてきている。



たくさんお水を上げよう。

726

清田幸弘/モメない、払いすぎない相続の備え

【やばいっ!って褒め方古いよ】

2017/5/15

【やばいっ!って褒め方古いよ】


日本語は、ほんと万能だ。

「やばい」で何でもかんでも使い回しが効く。


褒める時でさえ、「やばい」で伝えることができる。

ただ、それ古くない? 

アナログに戻ると、人は心打たれる。

例えば、LINEを送るのではなく、ハガキを送るとかね。


褒め方にはその人の知性が垣間見れる。


どうやって隣にいる人、ネットで繋がってる人を笑顔にさせられるだろうか。


私は、周りの人から、「気持ちの伝え方が上手い」と言われる。

1度や2度ではなく、考えみると両手では足りない。


例えば、友人のことを凄いと思ったときに

Aくんは、「すごいね!」と伝え、


私なら「今までコツコツやってたもんなあ。俺も自分のことのように嬉しいよ、おめでとう」と伝える。


好きな人のアプローチでも同じではないか。


「かわいいね!」と伝えるより、


「笑顔がものすごくかわいいね、俺も笑顔になるよ、ありがとね」と伝えた方が


気持ちが相手に、届くのではないか。



本好きな友人には、

「この本を読もうと思った感性が素敵。」と伝えてみよう。

俺なら間違いなくメロメロになる。


うまいことを言おうとしなくなんていい。


あなたの素直な感情に、+1ミリの知性を

足せばね。


PS

1ミリの知性を混ぜられない人がごった返ししてる。

爽やかに、知性をブレンドしよう。

725

中谷彰宏/ほめた自分がハッピーになる「止まらなくなる、ほめ力」

【内か外か。】

上手く原因を、自分の内にあるものとする人と、自分の外にあるものとする人に別れる。

SNSで、婚活アカウントのAさんを観察していると面白い。

付き合ってはいないが、良い感じの彼とのLINEを上げている。

最近上手くいかなくなったらしく、不満が
洪水のように溢れ出している。
Aさん発信のSNSだから、

Aさんからの主観で、描かれているわけだが、

彼のことを自己中に仕立て上げるのがとってもお上手。

仮に、今まで好きだったはずなのに。

他の婚活アカウントの人たちも、Aさんは悪くないよーー!
などと、慰めている。


私からすると、上手くいかない原因を相手に押し付け、自己中に仕立て上げている、Aさんこそ自己中なんだ。

Aさん発信のSNSは、Aさんからの角度を都合良く解釈する。
ここに客観性は1ミリもない。

原因を外に求めてしまうゆえに、上手くいかない。

AさんのSNSを拝見すると、
「自分は、〜が悪かった。自分は、〜という経験がなかったから、〜できなかった」という、自分に原因を求めている発信が
1度もない。

これは、Aさんに限らない話だ。

相手に原因を求めても、

相手が変わると、また、同じ状況に陥る。


自分に内に原因を求め、成長させることができれば、

次のチャンスを掴めるかもしれない。

原因は、外に求めるな、内に求めよう。