メンタルトレーナー 古山 有則

26歳🐼軟式野球国体優勝✖️某税理士法人勤務✖️読書757冊読破📚(2016/3/ 01〜)🐱 ふと立ち寄った書店で、1冊の本と出逢い人生一変。メンタルトレーナー。読書を通じたメンタルトレーニングを行い、あなたの人生を色鮮やかに。【あなたの価値に気づかせてあげます。 】

【口と耳】

口は、1つ。

 

耳は、2つ。

 

なぜなんだろう?

そんな疑問を持った人もいるだろう。

 

その答えを見つけました。

 

小山昇「成功を上げながら『残業ゼロ』で帰れるチームのつくり方」の

P211です。

以下「」内引用。

「なぜ口は1つで耳は2つついているか、わかりますか?自分が話しをする2倍、

人の話を聞くためです」

 

なるほどな。と腑に落ちた感覚。

 

数年前は、

いかに自分の話を聞いてもらえるかに重きを置いていた。

 

「本を読むようになって」

 

いかに相手の話を「面白い」話にするかに重みを置いている。

 

私は、あなたのどんなにつまらない話でも

 

「面白く」することができる。

 

面白くするポイントは、2つ。

 

1つ目は、話をきちんと聞くこと。

 

当たり前じゃん。

と思っている人は注意が必要かもしれない。

あなたは、本当に相手の話をきちんと聞いていますか?

 

相手がまだ話しているのに、会話を奪ってしまっていないだろうか。

 

相手の話を最後まできちんと聞く。

文章の途中で割込まず、「。」がついてから、口を開こう。

「。」がつくまで、相手の話を無我夢中で

聞こう。

 

2つ目は、引き出しを増やすこと。

 

 

これも当たり前じゃんと思った人ほど注意して頂きたい。

一長一短でできるものじゃない。

 

私の場合は、「本」からインプットしている。

平日でも、本を読まない日なんて存在しない。

最低1行から読むようにしているいる。

 

眠すぎる場合でも、1行読んで

 

本の世界にのめり込んでしまし、睡眠時間を削ることになってしまったことが

数多くある。

でも、後悔なんて一切ない。

 

好きなことだからね。笑

 

本を読んで多くの話題をストックする。

すると、相手の話を聞きながら、

 

脳のドアが開く。

 

気づいたら、相手はあなたの虜になっている。

 

 

誰しも、話を聞いてほしいという「承認欲求」に満ち溢れている。

 

誰しも、自分の話を気が済むまで聞いてほしいってことに

 

気づかないといけない。

 

それに、気づいたら、どうするか?

 

話す2倍は、相手の話を聞こう。

 

 

今回は以上です。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

【君の膵臓をたべたい】

2017/7/26


#君の膵臓をたべたい


泣きたいあなたに読んでほしい。


あなたが、「暇」という言葉を使っているとしたら、鳥肌が止まらないと思う。


私は26歳になった。

健康でいられる日常に

感謝を忘れてはいけない。


人生というものを、肌感覚で教えてくれるいわば教科書。


寝ようと思って読み出して、

涙が自然と流れる。


読んだ後、


誰かを大事にしたくなる。


そんな一冊。


#住野よる

#読書好きな人と繋がりたい 

【本で書かれたことを実践してみる・・・】

本を読むあなたに、私から特別なプレゼント。

 

本が読んでいるあなたは、その時点で周りとレベルが違う。

貪欲な成長志向の持ち主だ。

 

きっと、成功するだろう。

 

ただ、本を読んで終わる人が多い。

ここからがプレゼント。

 

本に書かれていることを素直に実行する。

 

別に本に書かれていること全部する必要なんてない。

 

10冊読んで、1つ行動するぐらいでもいい。

 

本に書かれていることを実行するだけで、あなたは

本を読んでいる人の中の10%に君臨することになる。

 

だから、気軽に本に書かれていることを実行してみよう。

 

別になんだっていい。

本に、「ブログを書け」って書かれているなら、このまま実行しよう。

「ナンパしてみよう」って書かれているなら、このまま実行しよう。

 

なぜ、実行するのか?

 

あなたは、本に書かれいる行動で、

「実行しよう」と思うことって、あなたの今まで

人生では選択してこなかったことばかりだと思う。

 

これからの人生を変えたいと本気で思っているのなら

 

今までしてきた「選択」を変える必要が出てくる。

だから、

 

本に書かれていることを行動してほしい。

ゲーム感覚でいいんだ。

 

そう思ったら、失敗することが当たり前。

ほら、気軽でしょ?

 

ちなみに、

私がブログを書いているのも、本で、「ブログを書きなさい」と書かれていたからである。

加えて、

私の日常を公開するのではなく、(今日は何を食べました。どこに行きましたとかではなく)

 

このように、あなたのためになるいわゆる、情報発信をしているのも本からの影響である。

メンタルトレーナーとして

活動しているのも本からの影響だ。

 

先日、読んだ本から

SNSのプロフィールを変更してみた。

 

このやって、成功者の行動をどんどん試してみよう。

 

成功の道を一緒に歩まないか?

 

本日はここまで。

【気づけるって素敵】

些細なことに気づけるって、ものすごく重要。

 

あなたが気づけたことによって、

救われた人も数多くいるに違いない。

 

そして、自分自身の人生そのものも。

 

自分の目では見ているけど、意識していないから目に入ってこない。

 

毎日見ているはずの通勤のルート、通学ルート。

 

毎日、見ているはずなのに、意識していないだけで

 

全く記憶に残らない。

 

あなたも、些細なことにも気づけるようになりたいことだろう。

じゃあ、どうすればいい?

 

本を読むことが最善の一手だ。

 

なんでもいい。

小説

ビジネス

自己啓発本

 

あなたの今までの思考に

必ず、素敵な刺激をもらえ得ることだろう。

 

1冊読んだってダメ。何冊も何回も。

 

そしたら、気づく。

「あれ、こんなところに、こんなものがあるんだ。」

「あの人、何かいつもと違うな」

 

あれ、いつもの自分じゃない感覚。

 

今まで素通りしていたことに

気づけるって本当にすごいんだ。

 

人生がカラフルに変わっていく。

嘘だと思うだろう?

 

それは、やってみた人だけがわかる世界なんだ。

だから、騙されたと思って本を読んでみてほしい。

 

あなたの人生は必ず、良い方向に進んでいく。

もっと、自分を好きになれるから。

 

私を信じてみてほしい。

いや、騙されてほしいな。笑

 

そして、必ず、私に感謝する日がやってくる。

 

夏休みは、本を読もう。

【本をどのくらい読んでいるか?】

「本をどのくらい読んでいますか。」

上記の質問を頂いた。

答えは、785冊。

ただ、再読はここには含まれていない。

 

ちなみに本日、どのくらい再読したかというと、

8冊である。

 

多いときは、倍の20冊前後を再読している。

 

再読にかける時間は?

短いと1分かな。長くても15分かな。

もう一度、多くて100回読んでいるからね。

再読は、あくまでそこまで時間をかけない。

 

人間は、物事を簡単に忘れてします。

学生の頃のテストなんか良い例だよね。

さっきまでやっていたことさえ、覚えていない。

 

じゃあ、どうするか?

 

1回目読むときも、あまり時間をかけずに

 

再読して定着していけばいい。

 

あなたの周りには、読書すらしている人は少ない。

 

そこで、あなたが再読に力を入れてみてはいかがだろうか。

 

考えてみてください。

 

わかるでしょう?

圧倒的に、差が出てくるでしょう。

 

再読なんて、ぱらぱらページをめくるだけでいい。

真面目なあなたが思っている以上に雑に

読み飛ばして構わない。

 

一度やってみてはいかがですか。

 

私がこのように進めて、再読する人は

数名程度。

10%にも満たないだろうね。

 

目の前に、自分を圧倒的に成長させる方法があるのに

 

素通りしちゃう。

あなたはどっち?

 

どっちでもいいが、

私は常に再読して、圧倒的な成長をしている。

 

このブログの質の向上のためにも精進していきます。

 

本日はここまで。

 

ブログの読者になってくれると嬉しいです。

宜しくお願い致します。

【目標からズレている】

私の夢は、著者として本を出し続けること。

 

その夢を実現するために、今年は電子書籍を出版しようと

 

去年末に、目標を立てた。

今日現在、2000字程度しか書いていない。

 

私は、ブログをたくさん書いて

電子書籍にしちゃおう。と思っていたんだ。

 

だから、自分が書いているブログが電子書籍出版に

繋がっていると思い込んでいた。

 

でも、現実は違うよね。

 

出すなら、出すで、編集の作業も当然必要。

加えて、私のブログを毎回読んでくれている人に向けた

 

新しい発見も用意しなければいけない。

 

このまま、ブログを更新していても、電子書籍出版には

 

繋がらないと気づいた。

 

じゃあ、どうすればいいのか。

 

そんなの簡単だよね。

 

ブログも書きつつ、電子書籍の原稿を作成すればいいんだからね。

素早く20000字の原稿を用意して

 

どんどん内容を詰めていこう。

 

きっと、私の文章を待っているあなたに向けて

 

電子書籍を送りたい。

 

待っていてくださいね。

【言葉を運ぼう】

たくさん読書するようになって感じたことは

 

たくさん、言葉を運ばないといけないなということ。

 

一種の使命感さえ感じている。

 

成功者の失敗談、挫折の経験から

 

どうやって今、成功したのかが細かく書かれているんだ。

 

私のような読書好きは様々な「言葉のシャワー」を浴びすぎて、

知らないうちに、成長してします。

今までいたレベルから少し上がるとかじゃない。

ステージが変わってしまうんだ。

 

次第に、いつものメンバーとの会話に、「?」を感じるようになる。

話が合わなくなるんだ。

今までの思考じゃなくから、当然なんだけど。

あれ、おかしいなと感じてしまうんだ。

 

これは、あなたのステージが変わったお知らせなんだ。

 

このステージに来たあなたは、

今までたくさん得た知識、知恵を私のように

ブログとして発信して頂きたい。

 

私たちのように、読書によって、メンタルが鋼のように磨かれ、

少しのことではビクともしなくなった感覚。

 

誰かに伝えていかないか?

 

あなたの発する素敵な言葉を

待っている人は、山ほどいる。

 

あなたがブログを書くたびに

 

誰かの心を満たす。

そんな力を持ち合わせている。

 

私と一緒に。たくさんの言葉を発信していかないか?

 

あなたの素敵な言葉を私も、たくさん浴びたい。