古山 有則

26歳🐼軟式野球国体優勝✖️某税理士法人勤務✖️読書850冊読破📚(2016/3/ 01〜)🐱 ふと立ち寄った書店で、1冊の本と出逢い人生一変。メンタルトレーナー。読書を通じたメンタルトレーニングを行い、あなたの人生を色鮮やかに。

【メンタルゴリラ初勝利〜初心者の集まりだって勝てる】

私の所属する草野球チーム

「メンタルゴリラ」が念願の初勝利を掴んだ。

 

私の、今日初勝利をする予感は的中。

初勝利に貢献できて心から嬉しい。

ありがとう。

 

さて終わって見ればスコアは、13対6のダブルスコア。

ただ、点差以上に余裕はなかったと思う。

 

今回は、キャッチャー目線、野球経験者目線で感じたことを書いていこう。

 

今回の勝因は、ズバリ

投手力」と「勝利への執念」だ。

 

野球は投手の出来次第で、いい試合かだめな試合かが決まっていく。

どんなに、たくさん打っても、取った点数より取られたら負けてしまう。

 

だめな試合というのは、投手がフォアボールを連発してしまい、チームの士気が下がり、グダグダしてしまうことのことをいう。

フォアボールってのは、無条件で相手に進塁を許す行為だ。

 

今回、私とバッテリーを組んだ投手は、

7回を投げて四死球はなんと0

まさに圧巻のピッチングと言える。

私のサイン、構えたコースにズバズバと投げ込んでくれた。

キャッチャーをしていてこれ程楽しいことはないだろう。

 

私も投手のおかげで、割とテンション高めだった。

投手がしっかりしていると守備から流れができ、打撃にもいい流れをもたらしてくれた。

 

また、今回の試合に向けて、

勝利への意識で「目の色が変わった」メンバーが何人もいる。

彼らは野球初心者ではあるが、

自分達でこのチームをなんとか勝たせたいという

純粋な「野球小僧」の闘志が

チームメイトに伝染したと思う。

 

「自分らは初心者なんです〜。」とヘラヘラしている姿なんて1度だって見たことない。

 

下手とか関係ない。

エラーしても、次で取り返してやろうという思い、

私には伝わってきた。

 

大丈夫。私は、見逃してないぜ。

 

自分へ向かってくる強烈な白球を

身を挺して取り、アウトにする。

打球が来たときに、頭が真っ白になって

「あれどうするんだっけ?」と思う感覚。

きっと、誰しも感じたことがあるかもしれない。

 

 

その経験、あなたが今まで選んだきた選択の結果、

味わえた「魔性の感覚」。

もっともっと、その感覚を味わってもいいと思うんだ。

スーパーには、売っていないなんとも言えない

味だと思う。

 

初心者の集まりだって、勝てるんだ。

確かに、

まだまだ、守備の点で

「おかしいだろ」と思いことは多いぜ。

 

でも、結果を見ると試合には勝てた。

 

試合をしなかったら、分からなかったことだよね。

 

勝てたという「事実」。

 

初勝利?がゴールじゃない。

 

 

これが、次の山を登るスタートだ。

 

草野球チーム

メンタルゴリラの挑戦は

ここから始まる。