古山 有則

26歳🐼軟式野球国体優勝✖️某税理士法人勤務✖️読書800冊読破📚(2016/3/ 01〜)🐱 ふと立ち寄った書店で、1冊の本と出逢い人生一変。メンタルトレーナー。読書を通じたメンタルトレーニングを行い、あなたの人生を色鮮やかに。【あなたの価値に気づかせてあげます。 】

【恐れにチャレンジ。カラオケが怖いです】

私は、カラオケが苦手だ。

 

リズム感が全くないし、かなりの音痴だ。

それに、声が大きい。

 

「恥ずかしい。」

自分でもそう思ったし、周りからもそう言われてきた。

 

次第に、カラオケから逃げるようになる。

 

自分は音痴だし・・・

といい、仮病まで使い、カラオケから回避したこともある。

 

一人でストレス発散する人もいると聞くが、

 

私はそんな気持ちなんかわからない。

 

「カラオケ恐怖症」だった。

 

恐れにチャレンジするため、友人とカラオケに行った。

 

カラオケに入るだけでも、足がかすかに震える。

 

カラオケが苦手だから、音楽もあまり聞かず、

 

なんの曲が自分が歌えるのかさえわからなかった。

友人に、誰でもわかる曲を選定してもらい

いざ・・・。

 

自分が音痴ってことを想像以上に思っているから、友人が歌わないと

声が出ない・・・。

 

びっくりした。

まさに「恐れ」だ。

 

この恐れにチャレンジした私は、少しだけ気持ちが楽になった。

 

カラオケ克服は、まだ序章に過ぎない。

今後の自分のできる範囲で努力して、

 

最低レベルまでは克服しようと考えている。

 

人によっては、カラオケなんかで悩むの?って人も

いるかもしれない。

 

人の悩みのタネは色々なところに転がっている。

 

それが、私の場合は「カラオケ」だった。