古山 有則

26歳🐼軟式野球国体優勝✖️某税理士法人勤務✖️読書800冊読破📚(2016/3/ 01〜)🐱 ふと立ち寄った書店で、1冊の本と出逢い人生一変。メンタルトレーナー。読書を通じたメンタルトレーニングを行い、あなたの人生を色鮮やかに。【あなたの価値に気づかせてあげます。 】

【私は、こう言いたい。】

私は、文章を書いて生きてます。

と言いたい。

 

これが本質的に、私のやりたいことなんだろうなと感じる。

 

このように、ブログを書き、

本の執筆をする。

他の時間で、文章を書くためのネタ集めをする。

 

例えば

・本を読む

・旅行をする

・セミナーにいく

 

経験、体験することは

全て、本のネタになると思っている。

 

会社で辛い思いをしても、心が折れずに

 

明るく生きていけるのは、「本のネタにする」と決めているからだ。

 

そう考えたら、生きやすくなった。

 

好きな子から、連絡が返ってこないことも、ネタになるんだぜ?

 

私に降り注ぐことは、なんでも文章に変えてやる。

そんな思いがあるんだよね。

 

ネタ切れにならないように、大量のインプットをする必要がある。

 

正直、本などからのインプットはいい感じできている。

だが、

経験、体験からのインプットは不足気味。

 

じゃあ、どうするのか。

ここだよね。インプット不足です〜って言うだけ言って

前に進まなかったら、人生ずっと傍観者で終わってします。

怖いよね。

 

私と違う価値観を持った人に連絡を取って、

 

友人の行動、経験を私もご一緒させてもらおうと。

 

友人の当たり前は、私にとっては「初めて」の経験かもしれないからね。

 

友人の行なっている企画を真似しても、おもしろいと思うね。

 

チャレンジしたことのないことをやり、自分に刺激を与えよう。

 

脳は、変わりたくないって叫ぶ。

現状維持を求めたがる。

 

そのまま従っていると、無駄に年齢を重ねてしまう。

私は、26歳。

まだまだ、できることが山ほどある。

 

さあ、行動しよう。