古山 有則

26歳🐼軟式野球国体優勝✖️某税理士法人勤務✖️読書800冊読破📚(2016/3/ 01〜)🐱 ふと立ち寄った書店で、1冊の本と出逢い人生一変。メンタルトレーナー。読書を通じたメンタルトレーニングを行い、あなたの人生を色鮮やかに。【あなたの価値に気づかせてあげます。 】

【期限厳守は当たり前?】

期限厳守は、徹底しなければならない。

社会人だったら、当然ながら責任を伴う。

 

ただ、期限を守れない人があまりにも多い。

 

提出の期限ギリギリで、ガサガサやっている人って周りにもいないですか?

 

私もその中の一人です。

いいものを作ろうとして、期限ギリギリになってします。

その結果、どうなるか。

 

期限ギリギリで提出しても、修正箇所が多く、やり直しを余儀なくされる。

 

あなたが、企画、仕事をチェックする立場なら、どう感じるだろう。

 

ギリギリに、「これチェックお願いします」と、駆け込んできて、その結果

 

「なんじゃこりゃ・・・全然仕上がってない・・・」

それは、やり直しをしてもらうほかないだろう。

 

じゃあ、どうするか。

完成度は60%〜70%でいいから期限前日に提出する。

 

 

そうすれば、チェック側は、修正箇所を指摘できる。

 

それに進捗を把握することもできるってわけ。

 

より良いものが期限にできている。

 

周りが期限ギリギリに、駆け込んでいる時に

 

あなたは、颯爽と次の仕事に打ち込むことができる。

 

勿論、期限を過ぎたものはどんなに完成度が高くても

 

0点。

期限に間に合わすのが最低条件。