【答えは誰もが持っている】

2017/6/16 【答えは誰もが持っている】

 相談乗るときに意識していることがある。
 それは、質問を質問で返すってことだ。

 「もてたいんですけど…どうすればいいですか?」 

これに対して、 「どうすれば、モテると思う?」と返す。 

相談者さんからは、 「筋トレして、読書読んで…」と答えが返ってくる。
 そうなんだ。 すでに、あなたは 答えを知っているんだ。 

相談者に、質問を返すことで どのような答えを欲しているかが分かる。   

  例えば、「不倫」で考えてみる。 「〜不倫しているんですけど…やめた方がいいですよね…」 

 この類の相談は、要注意だ。 あなたは、相談者の相談を肯定してくれると踏んで、連絡がきている。 
もし、それに気づかずに、 「不倫は絶対だめ!」と正しい正論を返してみよう。 
 きっと、 「私を応援してくれると思ってたのに、みんなと同じ答えだ…」となるに違いない。 


 そこで、 質問で返してみる。 「不倫しているんだけど…やめた方がいいよね?」 「そうなんだ、不倫しているんだ、不倫やめたいの?」 そうすると、どうだろう。


 「やめたいんだけど、やめられないんだ。だって〜〜だから、〜なんだ」と。 一歩先の相談に乗れるんだ。 
 悪用厳禁。 
もちろん、相手の相談に対して全部イエスというということではないです。

 相談を受けたときに、 相談者の本音を引き出すコミュニケーション術です。^ ^

 PS コンサル生入会してきてます。 「私のブランディングお願いします」と依頼がありました。 一緒に、 前を向いて人生を切り開いていく仲間募集中です。 #メンタルトレーナー