周りに流される

日本人は、NOといえないと揶揄されることが多い。

 

私も、その一人である。

NOと言わないことで、「いい人」を演じてきた。

 

ただ、演じてきたと書いたように、

本心からではなかった。

「嫌われたくない」って思いが強すぎたんだ。

NOと言わなければ、「好かれる」と思ってたんだ。

 

実際は違った。

ある日、「たった1度だけ」NOっていってみた。

 

周りに反応は、

「は?」

 

私は、なんでも言うことを聞く存在として関わられていたんだ。

たった1度のNOで、ここまでかってぐらい

仲間外れにされたんだ。

 

けど、これは、周りが悪いわけではない。

自分が本音を言ってこなっかったせいなんだ。

 

周りに流されてしまう。

 

少しは仕方ない。

 

ただ、自分を見失うな。

 

自分を苦しめる必要なんてないんだ。

 

もっと、本音を。もっと、自由に。