本屋にいくこと

私にとっての本屋は、

 

第2の「大学」です。

 

 

といえるようになれたら、いいな。

 

私の好きな著者さんは、本気で、本屋を

 

大学だと言い切る。

 

大学在学時代に、1万冊読んだという。

 

その人の出会いから、

 

私の目標は、1万冊読む事になったんだ。

 

もちろん、冊数を読む事が目的ではないけどね。

 

本屋は、本当に素敵だと思う。

 

様々な著者さんとの出会いが「そこ」にはある。

 

すごいなあ。

素敵だよね。

 

店員さんとの出会いもある。

 

店員さんと話すのが、楽しみだったりする。

 

「この本おすすめです」

「この本、よかったですよー」

 

本を読んで間違いなく

 

人生が変わった。

 

 

そして、

これからも

本を通じて

 

人生を大きく変えていく。