読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動機は、不純でもいい

 

私は、高校時代に

軟式野球部に所属しておりました。

 

高校1年の時に、センターとしてレギュラーをとり、

活躍してました。

1年ということもあり、気楽にプレーすることができ、

全国大会でもヒットを打ってます。

 

その年の国体優勝メンバーです。

 

それはさておき、

 

 

タイトルに書いた

 

「動機は、不純でもいい」ってことなんだけど、

 

私の野球部の時の

 

モチベーションは、好きな子に好きになってもらいたいってことなんだよね。

 

結果として、そのおかげで、

 

上手くなっていった、もちろん、それだけではないけどね。

 

 

誰かにモテたい

頭よく見られたい

 

とかって、ある意味

「不純」

 

好きなものなら、頑張れるだろう

 

 

っていう根性論は、苦手だった。

 

そこで、高校生の私は考えた。

 

 

「好きな野球」×「好きな子」

 

好きなものを掛け合わせる。

 

好きな子にメールして、

 

「今日は、素振り500回するね!」と

練習していることをアピールする。

 

そうすると、

「頑張ってね」と返事が届く。

 

それだけ、テンションが上がったのを覚えている。

 

試合の結果とかも、

随時メールしていたね。

連絡する口実として、

 

結果として、その好きな子とも

 

付き合うことができた。

 

好きなことを掛け合わせることで、

 

好きなものを欲張ることができた。

 

だから、どんなことでもいい。

 

不純な動機、バンバンザイだ。

 

 

 

当時の好きな子には、心底感謝している。